09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

夢☆チヨコ日記

衣装デザイナーをしてます。パワーと喜びを感じられる服を目指し、 大好きな衣装、ファッション、アート、音楽、旅、etc...『チヨコアンテナに感じるもの』を徒然に。

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Mon. 23:27:47 -edit

05

13

co: 0

tb: 0

ファッション発祥の聖地.縫殿神社へ その1!@福津市 

いつも私のブログを見ていただき、心から感謝申し上げます。
衣装デザイナーのカワカミチヨコです。

IMG_0159.jpg

先最近神社参拝が続いてます。が、なんと!
先日宗像大社へご一緒した、とうこさんが宗像前日に
ファッションの聖地なる所を!発見して、
『ちよこさんに関係あるよ!!こんなところが!!いきましょう!』と
お声かけ頂き、ワクワクしながら宗像大社参拝後予定にしていた
家具をつくられてる艸牧舎さんまでGO \(^◇^)/

わたし『この近くにファッション発祥の地があると聞いたけど、、、』
艸朴舎さん『そうなんです、知るヒトぞ知る!!本当に殆ど知られてない神社があるんですよ〜^^』

早速!!近くらしいので案内をおねがいしました。
photo-1.jpg

その名は...
縫殿神社(ぬいどのじんじゃ)

応神天皇の頃に、呉の国(今の中国)から兄媛(えひめ)、弟媛(おとひめ)、呉(くれはとり)、穴(あなはとり)の四名の姫が物、縫物の進んだ技術を日本に伝える為に招かれました。この中の兄媛は宗像神の求めでこの地に残り、中国の高度な染色、機り、裁縫の技術を広めたと言われています。

祭神はこの4名の姫と応神天皇、神功皇后、大歳神で、この神社は日本最初の裁縫の神様であり、この地はデザイン、ファッションの発祥の地と言えます。


この神社には、永享12年(1440年)につくられた梵鐘(県指定有形文化財、宗像大社神宝館に展示)、南北朝時代の大般若経600巻や江戸時中期ごろの三十六歌仙絵扁額をはじめとする絵馬があります。

応神天皇37年の春2月1日に、天皇は阿知使主(あちのおみ)と都加使主(つかおみ)を呉に遣わして、縫工女(きぬぬいひめ)を求めた。

阿知使主たちは高句麗国に渡って、呉に行こうと考えた。高句麗に着いたが、その先の道は分からない。道案内の者を高句麗に頼んだ。高句麗の王はクレハ、クレシの二人を道案内として与えたお蔭で、呉に行く事が出来た。

呉の王は工女兄媛・弟媛、呉(くれはとり)、穴(あなはとり)の四人の婦女を倭国に与えた。

応神天皇41年春2月15日に天皇は明宮で崩御された。御年110歳。
この月に阿知使主たちは呉から筑紫に着いた。この時、宗像大神は工女たちを欲しいと言った。そこで兄媛(えひめ)を献上した。これが今筑紫国にいる御使君(みつかいのきみ)の祖である。

残りの三人を連れて津の国に行って、武庫(むこ)に着くと、天皇はすでに崩御されていた。間に合わなかった。そこで次のオオサザキ尊に献上した。三人の末裔は今の呉の衣縫(くれのきぬぬい)・蚊屋の衣縫である。』


あれ?遥か昔の私の誕生日に応神天皇が呉に縫工女(きぬいひめ)をもとめたの??
コレって偶然?........(*_*)?なんだか嬉しいかも?

*上手く説明されてるサイトがありますのでこちらを読んでね!→☆

IMG_0157.jpg←結構な山奥です。階段も急。

ひっそりとした林の中に、縫殿神社ありました w(゜o゜)wOh

IMG_0154.jpg

地元の織り姫(艸朴舎さん奥様は織手でありその道の先生)の案内もあって
中まで入らせていただけました。
そう、ご神体直ぐ前まで参拝させていただきました。
私の仕事、大好きなファッションを遥か昔に伝えてくださった方々に \(^◇^)/
まさか (◎_◎)お会いできるとは想いもしなかったです。
もの凄い大好きな尊敬するデザイナーにお会いした時、いやそれ以上の偉大さ?
何とも感慨深いです。。大変光栄で、嬉しかったです。


写真にはとってませんが、結構広くて丁度舞いが舞えるくらいの場所。
お賽銭箱と御鈴も。五色の布がありました。
きれいに地元の方が清掃されてました。壁の周りは、いろんな昔の絵が飾ってました。
武将とか北斎のような絵、結構びっしり....天井迄ありました。
縫殿神社の中の舞いの画像もみつけました☆

四人のお姫様が私たちの衣服を今に伝えてきた、、、
私も母の代から服に携わることになって、
ファッションとは切っても切れない、生活の全部であります。
さまざまな感謝とコレからの私の衣装デザイナーとしての宣言をして、
参拝終わりました。(*^-^*)
東京とか都会なら、ファッションってピントきますが
なぜファッションに関する発祥があるのと思ったら
当時いろんな文化が大陸から一番に入っていた。。 !(^^)!
すごい!福岡! \(^◇^)/


IMG_0156.jpg←右は美しい人とうこさん
そして発見してくれたとうこさん!ありがとう!
あなたのお陰でここにくる事ができました!

photo.jpg
↑右は艸朴舎かわいい織り姫(西浦さん)

艸朴舎の織り姫さん(西浦さん)、ありがとう!!


神様、私の宣言届いたかな?(*^-^*)




関連記事

テーマ: スピリチュアル - ジャンル:

タグ: デザインファッションの発祥の地  縫殿神社  衣服  蚊屋  福津市    染め  縫い 

カテゴリ:

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusanomi2011.blog96.fc2.com/tb.php/104-44527f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

リンク

ご覧頂いた人々

カレンダー

ランキング参加してます♪

メールフォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。