11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

夢☆チヨコ日記

衣装デザイナーをしてます。パワーと喜びを感じられる服を目指し、 大好きな衣装、ファッション、アート、音楽、旅、etc...『チヨコアンテナに感じるもの』を徒然に。

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Tue. 20:33:33 -edit

12

31

co: 0

tb: 0

ご挨拶です。 

大晦日ですね。
今頃紅白歌合戦など観られてるかも?
衣装デザイナーのカワカミチヨコです。

いつも文章下手な私のブログを見ていただいて...
感謝です \(^◇^)/
足跡などでこのブログやHPで私を知った方、
そして、何か検索していて私のブログに行き当たった方、
お友達や知人、オーダーのお客様やどこか知らない方も
ぽつりぽつりと海外からも観られてるようで、
本当に誠に、ありがとうございます (/*^^)/


今年は個人的にたくさん辛い事もありましたが
そうして助けてくれたのも周りの友人や
このお仕事をすることでした。
暫く手を酷使して、お休みをしていましたが、
時に必要な事だったと受け止めました。
遷宮が二社重なるこの年に
伊勢神宮出雲大社幤立神宮天河弁財天さま他
いろんな神社にも参拝させていただきました。
今こうして穏やかにメッセージを書いてる私、
嬉しく思います(=^^=)

仕事でも新しく技術を学び始め
年齢もかなり重なってるので吸収に時間がかかるけど
出来上がったのをみて、また一歩進んで
自分のイメージにピッタリな衣装
3次元で表現できるように
すこしづつですが、なってますo(^-^)o

ファッションを愛する気持ちは変わりなく
コレという衣ができた時は
きれいなラインができた時は
めちゃくちゃ嬉しいのです (/*^^)/
もっ〜〜〜〜と素敵な衣を創ろうと思いますヾ(^0^)ゞ

来年は培った今迄の技術をつかい学びながら
私の頭にあるものが思い切り!ありありと布と戯れてながら表現され、
素敵!☆な衣装をドンドン創りたく、精進していきます (^_-)

皆様にとって
ワクワクで幸せなときが、普段からも
いつの時も感じられるような2014年となりますように (^^))))... ...((((^^)
心から、今年もお世話になりました。
良いお年を御迎えください(=^^=)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: オーダーメイド物語 - ジャンル: ファッション・ブランド

タグ: 衣装  伊勢神宮  出雲大社  幤立神宮  天河弁財天   

カテゴリ: つぶやき

△page top

Fri. 00:00:00 -edit

12

27

co: 0

tb: 0

ひさしぶりにレオタードと再会 

師走ならではの寒さとドタバタ感です。
昨日障子を張り替えてて良かったと思う(笑)
衣装デザイナーのカワカミチヨコです。
いつもブログを見ていただき感謝です\(^_^)/

今回レオタードのオーダーされたお客様とお会いして
少し補正があり、御直ししました。
全日本ジュニア出場で成績も上々だったとか、
そして、パフォーマンスも影響なく大丈夫だったとの事、
ホッとしてます (/*^^)/
御直ししながら、いろいろ考え縫った後が
ひしひしと伝わってきます。
選手の波動も加わって、さらにパワーアップしてるような気がします。
sa23.jpg
s20.jpg後ろ

頑張っていたんだな〜。ちょっとウルっときます。
年末にこうして再び手にすると
来年もより皆さんの喜びに繋がる衣を作っていこうという気持ちを強く持ちます
o(^o^)o

sa24.jpgスワロフスキーも大きいのも1つ


今回は特別に、
裏はどのようになってるのか大公開\(^_^)/

sa27.jpg

前回も書きましたが全て中表に合わせて裏から縫って
縫い代を割る、またはカタ返しにする方法です。


体操などのストレッチでピッタリのラインを見せる衣装は
ジグザグでアップリケの要領で表地の上に乗せてミシンでたたく
たたき縫いをしてますが、
ジグザグがないのと本人了承の上ほどけないように
糸が切れないように縫ってます。
こうすると、成長期のお嬢様などは補正が切り替えでしやすく
縫い代も少し多めに取ってますので
身長が伸びた、又はバストを大きく等はここで可能です。


sa25.jpg

ネックラインも複雑に切り替えているので
上から更にたたき縫いをして、
体が入ると布で引っ張られて裏返るのを阻止してます。
布を引っ張らずに縫う事も、布目も関係します。

様々考えながら縫ってましたね、、。

お母様もお嬢さんも本当に頑張ってて
お母様曰く
『子供のしたいというパワーが凄いので、親達が動かされてるんです
という言葉が印象的でした。
したい事を何とか実現させたい、親子の力に完敗です。
私も少しでも力になれたら...すっごく幸せです^^☆


私はお気に入りの衣装を長く着ていただきたいので、
お客様からのオーダーのメンテナンスをしています

オーダーが初めての方もご相談も承ります。
ブログ左のメールから又はHPのメールフォームから
どうぞお気軽にご連絡くださいね〜o(^o^)o



関連記事

テーマ: オーダーメイド物語 - ジャンル: ファッション・ブランド

タグ: レオタード  体操    全日本ジュニア  オーダー  スワロフスキー  メンテナンス 

カテゴリ: オーダー作品

△page top

Thu. 02:22:22 -edit

12

26

co: 0

tb: 0

出雲大社縁結び大祭へ行ってきた その5@島根.出雲大社 

今年も一週間を切りました。
お忙しい中、ブログを見ていただいてありがとうございます☆
衣装デザイナーのカワカミチヨコです。

さて、出雲の旅の最終です。
やっとここまできました (∩_∩)!

交通機関を上手く合わせてもどうしても夕方になっちゃいましたが
太陽があるうちに出雲大社へ再び参拝です。
izumo5.jpg

昨日とは違い人も少なく、天気も晴れたり曇ったりですが何とか太陽もあり
気持ちを落ち着けて、ゆっくり御詣り。

再びココに参拝させていただき、
60年に一度の遷宮の時神在祭の縁結び大祭にも
参列させていただき、本当にラッキーです\(^◇^)/

2001年の参拝は『お願いするための邪心の塊』だった私。
今回は、真心を込めて感謝と宣言をいたしました! (●^o^●)


izumo4.jpgやはりこちらも穏やか。
izumo7.jpg

今日はしっかり社内をまわります。
コの字型に回って昨日はみれなかったところ、雰囲気をしっかり味わう^^
初めて大社の後ろまで回ります。
今回は心が違いました!(自分でいっちゃいます)
参拝される方は是非コのルートで御詣りください\(^◇^)/


izumo10.jpg本殿の横から後ろへまわります。
izumo11.jpg昔の人はすごい!
izumo2.jpgどうやって建てたのか?
izumo3.jpg物も情報もない時代に。。。

素盞嗚尊が奥にお祀りされてると聞いてたのですが
遷宮で新しい社(少し小さい)になってらっしゃいました。
でも、昔の社も残っててやはりそちらの空気は違いました。
ほっこりとした大和の社にどーーーーーーんといらっしゃるような
風貌の社でした。
出雲大社は伊勢と違った日本を感じさせる。
そんなスイッチを持ってるような気がします(=^^=)


警備のおじさんが
『本殿裏迄回って観るひとはあまり居ないのよね、
大体こっちが本殿なのに
あちら(隣にある、結婚式場がTV等でよく出る)だけが
出雲大社と思われとる人が多い
。(本殿も結婚式場も大きな縄が有名です)
本殿は、伊勢とちがって一気に遷宮ができないから長年かけてやってますよ。』

と、一緒に回りながら教えてくださいました。


izumo6.jpg
いつも4時半には、日本一の国旗が降ろされるよ〜と
警備のおじさんが誇らしげです。

izumo12.jpg

後日出雲大社から11/22(いい夫婦の日)に送られてきた^^
縁結び大祭で渡せなかった縁結びのお守りと、
幸縁結び御祈糸、
そしてご本殿の屋根を守っていた檜皮古材(ひわだこざい)も一緒に!

嬉しかったです(=^^=)

どんなご縁があるか楽しみです☆













関連記事

テーマ: 神社仏閣 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 素盞嗚尊  出雲大社  檜皮古材  縁結び大祭   

カテゴリ:

△page top

Wed. 02:00:00 -edit

12

25

co: 0

tb: 0

出雲大社縁結び大祭に行ってきた その4 @島根.日御碕神社 

寒いですね〜
そしてメリークリスマス☆
先ほどまでスケートのエキスビジョンをみてました。
いつも軽々ジャンプする織田君、
笑顔の中にもはやり引退表明で、私も涙をがでました。
織田君お疲れさまでした。
安藤選手も、ママになってここまでよく頑張った!
感動をありがとう(^_^)v

いつもブログを見ていただきありがとうございます。
衣装デザイナーのカワカミチヨコです。

出雲のつづきです。
出雲から美保崎へむかい、そして日御碕神社へ。
日2←日御碕灯台

美保崎から真反対の岬にある神社。
バスを乗り換えてまた出雲方向へ。
出雲大社からは20分くらいかかりますが、まだかかったように感じます。
かなりくねった道をいきます。けっこう進みます。
岬につきました〜。いざ!日御碕神社へ^^

日1日御碕神社

日9

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)

*御祭神

日沈宮(下の宮)天照大御神
神の宮(上の宮)神素盞鳴尊


出雲の国造りをなされた素盞嗚尊は、根の国にわたり熊成の峰に登ると「吾の神魂はこの柏葉の止る所に住まん」と仰せられ、柏の葉を投げ、占いをされた。すると柏の葉は風に舞い、やがて日御碕の現社地背後の「隠ヶ丘」に止った。これにより素盞嗚尊の五世の孫、天葺根命(あめのふきねのみこと)はここを素盞嗚尊の神魂の鎮まる処として斎き祀ったといわれている。
 日御碕神社の神紋、三ツ柏もこれに由来し、神域の付近からは柏の葉を印した「神紋石(ごもんせき)」と称される化石も出土している。その後、安寧天皇十三年、勅命で現社地に御遷座された。
 日沈宮は「伊勢大神宮は日の本の昼の守り、出雲の日御碕清江の浜に日沈宮を建て日の本の夜を守らん」と天平七年乙亥の勅にあるように、神代以来、現社地にほど近い海岸(清江の浜)の経島(ふみしま)に建てられ、天照大御神を奉斎してきた。 その地にご鎮座なされたのは、天葺根命が清江の浜にお出かけになられた時、島の百枝の松に瑞光が輝き、「吾はこれ日ノ神なり。此処に鎮りて天下の人民を恵まん。汝速やかに吾を祀れ」との天照大御神の御神託を聞き、ただちに島上に大御神をお祀りした事に由来するとされている。 その後天暦二年、勅命により現社地に御遷座し、夕日を餞け鎮め祀る聖地として、四季を通じ夕日の祭を厳修、中央からは幸運恵の神として深く崇敬されている。国家守護の宮として「日」の字を、村上天皇より賜り、神の宮と併せ「日御碕大神宮」と称せられるようになったのも、現社地に御遷座された時からで、明治維新後社格制度により国幣小社に列せられ、日御碕神社と称するようになったのである。


日8
日沈宮(下の宮)天照大御神さま。
朱塗り神殿はなんだか海に近い所が多いと思いました。
日10
神の宮(上の宮)神素盞鳴尊さま。
こちらは上の宮に天照大神さまでなく神素盞鳴尊。場所も上の方にございます。

日御碕神社は日本の夜を守っていただいてます。
ありがとうございます。


海に近い美保とまた違った雰囲気。
守ってますって仰々しい感じではなく
言葉では言えませんが、見えない強さを感じました o(^o^)o


日4

経島(ふみしま)が日沈宮御鎮座の聖域としてあります。
祭典の時に神職が渡島する以外は古来何人も登る事が許されぬ島です。
こちらは海猫の繁殖地で天然記念物に指定されています。
海猫がいっぱい。鳥居もみえます。

日16とにかく風が強い!
日7風の強さ伝わってる?

凄い風のなか、経島をみながら灯台迄歩いていきます。
この波が物語ってますが、
吹き飛ばされそうな風です〜〜〜〜><:同行した友達は果敢に風に、海に向かいます。

日5東洋一ともいわれています。

この灯台の下にも行ったのですが、、、、
猛台風の実況中継してるアナウンサー状態で、いやもっと...目の前に海が
ザっパンザっパンと...かなり波打ってるので海に呑み込まれそうな感じで
私にはちょっと怖い気がしましたが(;゜゜)
『自然はやっぱりすごーー(*_*)』な〜んて改めて思いました。

バスに戻り、再び
昨日参拝がゆっくりできなかった出雲大社まで急いで戻ります。

日15光がきれい〜!


関連記事

テーマ: 神社仏閣 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 日御碕神社  日沈宮(下の宮)天照大御神  神の宮(上の宮)神素盞鳴尊  経島  日御碕灯台 

カテゴリ:

△page top

Fri. 18:55:55 -edit

12

06

co: 0

tb: 0

出雲大社の縁結び大祭へ行ってきた その3@島根.美保神社 

福岡で大好きなフィギュアースケートグランプリファイナル2013が
開催されてます。日本選手が男女とも首位^^
メダルのリボンは、博多織の献上柄だそうです。
頑張れ!羽生くん、織田くん、町田くん、そして浅田真央さん!
100%のパフォーマンスを祈ってます☆
いつもブログを観ていただきありがとうございます。
衣装デザイナーのカワカミチヨコです。

出雲大社から、足立美術館へ
松江の宿で明日の計画を、バスの時刻表と体調と(結構寒くて疲れております)
打ち合わせながら、
私がいきたい神社に候補を上げていた『美保神社』へ。

miho6.jpg

漁港の前にあります。
寅さんでも出てきそう^^

松江から美保関ターミナルで乗り換え
結構時間がかかるけど、バスの便があまりなくて。
こうなると、早く出るしかないと言う事になり
起きれるのか、、、:^<:^<(-_\):^<:^<(/_-)と思いながらペットボトルをみると
555ミリリットルとかいてある。
数字的な意味で『あなた次第』ということらしい、、、

頑張ろう(∩_∩)!

夜中に荷物をまとめ、
朝早く食事を終わらせ(とってもシジミのみそ汁がうまかった〜)
松江駅から美保神社へ。。。
昨日と変わって晴天でした。

松江駅から境港を横目にまだ先の島根県の端。
岬なのです。灯台もある。行った事無い所です。

美保関のターミナルで乗り換えのときに、観光案内をいただき。
ここは、美保関隕石が落ちた所らしい。知りませんでした。。。
1992年12月10日夜九時
美保関町の民家に石が落下、この石は春か46億年の昔、
太陽系の誕生と共に生まれた小惑星で6100万年もの間宇宙を旅して来た隕石だと判明。

メテオミュージアムに展示されてるそうです。

おお!私達のブレスに隕石がある、
宇宙の神秘に二人で\(^_^)/


バスに揺られて到着。
イザ!(^^))))... ...((((^^)

miho21.jpg
石畳の神社です。

☆御祭神

三穂津姫命(みほつひめのみこと)
高天原の高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の御姫神さま。
大国主さま(出雲大社)の御后神として、高天原から稲穂を持って御降りになり
庶民の食料として、広く配り興へ給うた有り難い大神様。


事代主神(ことしろぬしのかみ)
大国主さまの第一子。国譲りを迫られた大国主さまが事代主神にお尋ねし、
大国主さまは承諾するという、国譲りにおける大変重要な神様です。
恵比寿さまとも呼ばれています。


美保神社についてはこちら☆

miho13.jpg
miho11.jpg
出雲と同じ造り、大和を感じます。
miho4.jpg

なぜ私が美保神社にいこうとしたか?

出雲行きが決まって、気になる所は行こうねと
お互い探していた頃
どこがいいかと、他の神社もと思ったが
なんとなくピンと来なくて、
本屋である雑誌を手にとる...『月刊エグザイル』
ぱらぱらしてると、エグザイルメンバーのUSAさんが
神社で奉納ダンスをした記事
があって、、音楽の神様でもあるらしい。
ここはどこ??と見たら、出雲大社と対に両参りになるという
(出雲大社だけではカタ参りなのだそう)
恵比寿様総本宮の美保神社でした。

ここだ!!
探していると、神様はちゃんとサインをくださるようです。
miho14.jpg

とても穏やかなのに、凛としてるというか
力強いものを感じます。
エネルギーに満ちてる感じがしました。とっても気持ちがよい。
本殿もすっきりしてる!(^v^)


本宮で手を合わせ、ここでダンスの奉納があったんだとか、(結構広かった)
にわか知識の古事記と照らし合わせ、
お二方の神様の歴史を思いめぐらせました。

鳶が沢山集まって、空を舞ってましたよ〜(/^^)/

ここは本当に古事記で国譲りの要な場所。
時を経て、ここに参拝させていただけることに感謝です。


miho15.jpg

向かって右に三穂津姫命さま、左側がに事代主神さまが。

左側の横にある竹、
農業関係のカタがお札の説明を聞かれて
思わず耳を傾けると、神職さん曰く
お守り?かお札に種?(米と思われる)が入ってて
コレを巻いたら全く関係ない竹がびっしり生えたと、、、、
不思議ですね。
miho9.jpg

私、今回このような写真が、、、(しっかり見たい方は画面をクリックすると大きい画像がみれますよ)

紫に映ってます。
fushigi

私が本殿を撮るとなんだかこんな感じ。
後ろの緑の部分から影か変わる。カーブで本殿を守ってる?結界?でしょうか??
fushigi
撮ってる私はこんな感じ。まばゆい光です。
fushigi
境内をでての、イカも光る!(干して売ってるものです)
全体的に紫に映る。
fushigi


と〜〜〜っても気持ちがいい美保神社でした。きらきらしてるというか。
気持ちがすっきりした!☆参拝できて嬉しかったです(^v^

恵比寿さん総本宮にせっかく来たので
商売繁盛のお札をいただきました (^_^)v


miho1.jpg

灯台もいきたかったけど、ちょっと歩くのは時間が間に合わない様子で。
バスの時間迄近くを散策して、次へ向かいます。つづく。








関連記事

テーマ: 神社仏閣 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 美保神社  美保関隕石  三穂津姫命  事代主神    エグザイル  USA  大国主神第一子 

カテゴリ:

△page top

Wed. 14:51:51 -edit

12

04

co: 0

tb: 0

出雲大社縁結び大祭へ行ってきた その2@島根.足立美術館 

いつもブログを観ていただき感謝です。
今日も幸せな一日でありますように。
衣装デザイナーのカワカミチヨコです。

出雲大社の続きです〜

当日はとても天候が荒れて
晴れたりあられだったり、雨だったりでしたので
これから岬方面に向かおうと計画していたのを変更(;_;)
昼ご飯を食べながら方向を決め、
ここまできたら有効に時間をと、一畑バスの時間と格闘しながら(何とか間に合った)
日本庭園で有名な足立美術館へ!!\(^◇^)/
出雲から安木まで結構あります (-_-)_zzz%%%


いざ!
IMG_1161.jpg

島根の安木というところです。
(あの安木節、『どじょうすくい』で有名な所です。)
無料バスの時間にどうしても間に合わないのでタクシーで。駅から20分くらい。
(次回行く時は島根県は車がいいですね、あちこち行くには時間の融通がききます。)
私は2度目の訪問。

IMG_1159.jpg世界的にも有名なお庭
IMG_1158.jpg

美術館をめぐるときに、いい感じで息抜きというか
庭園をしっかり観る事に成ってます。
日本の美しさの縮図。
気持ちがすーーーーっとなる、、、

手入れも完璧な庭園で、皆さんカメラに納めてました。

IMG_1156.jpg侘び寂び?
IMG_1154.jpg

美術館は、新館もできてました。(今回は時間がなくていけず)

魯山人、横山大観、尾形光琳など
お宝探偵団にでるすんごい有名な方々の作品が
ずらりです (ё_ё)  圧巻です!!ものも情報もなく
どうしてこんなことができるのか??技術、洗練さ、画力、素晴しいものばかり


こういった素晴しい偉人の
共通する何か、私も何となくそういうのがあると
解っているのですが、

私もそこに気付き到達したく存じます。
いいもの、魂のやどる作品は
ウも言わさないところ、『なんかわからんけど、いい!』
醸し出すものがそれぞれちがっても
胸にくるものがあります (^o^)v


IMG_1151.jpg紅葉がとてもきれいでした〜〜〜

さて、閉館時間くらいまでいて
帰りは田園風景のぽつんとあるバス乗り場で待つ。

夕暮れすぎの空気をいただきます。
日本の田舎にある、ひさしぶりの風景。(長野県在住時に経験済み)
穏やかで澄んだ空気。寒いけど
ここちがいいです。なんとかこれた足立美術館^^☆

この日は雪で列車のダイヤが乱れているそうで、、、
IMG_1163.jpg

安木駅から松江の宿へ向かいます。つづく。


関連記事

テーマ: art・芸術・美術 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 足立美術館  尾形光琳  横山大観  魯山人  日本庭園  安木節  どじょうすくい 

カテゴリ:

△page top

Tue. 02:22:22 -edit

12

03

co: 0

tb: 0

出雲大社縁結び大祭へ行ってきた その1@島根.出雲大社 

師走のジングルベルがだんだん音を増してくる
年末に突入しました〜。皆さんお元気ですか?
いつもブログを観ていただきありがとうございます。
衣装デザイナーのカワカミチヨコです^^

こんなに神社を参拝する年は初めてです。。(^o^)v

前回の伊勢に続き、
(すみません、ディープすぎて何と書いていいか解らず記事をかいておりません)
佳世さんと11/19、縁結び大祭に参列しました。

朝早くに出雲駅につき、まだ朝早いのにい〜っぱいバスに並んでいました。
全国から沢山御詣りに来られてるようです。
...バスに揺られ、出雲大社に到着。
しかし、この日に限って
めっちゃ寒い!!! (*_*)
雪やあられが降ってる〜〜〜。


神社参拝の時は本当に雨やら雷雨やら多いです。

お祓い所の参拝に行列だったので
『縁結び大祭参列の方は遠参りで大丈夫ですので、受付へどうぞ』
とのことで、受付へ。

出雲4

私は初めてこの『縁結び大祭』と言うのを知ったのですが
毎年されていて、旧暦の神在月に開催されるそうです。

しかし、開催一ヶ月前に申し込みをしないと
参列できないので、募集開始に直ぐハガキをだして、無事案内が届きました。
出雲1コレを持参して参列します。出雲217と19二日間で2000人限です。


60年に一度の今年に出雲大社に御詣りできる事の感謝。。

出雲3

受付で頂いた絵馬を書いて本殿へ。
IMG_1140.jpg

まずは鳥居をくぐって初め宮で参拝。
出雲は2礼4拍1礼。
日頃の感謝と、またもや!宣言!をさせていただきました。
IMG_1129.jpg

其の後、奥にある本殿へ。

IMG_1138.jpg
とにかく寒いけど人が多い!!!!
IMG_1135.jpg天皇陛下からも....

大和国の雰囲気が社からみえてきました。。。。

いや〜〜〜すごい。
出雲は2度目ですが、今回のが感動が断然深い!
伊勢と違い、シンプルだけどなんというかほんわかした感じ?社の作りのせいかも?

IMG_1131.jpg

皆さんが参拝される奥に縁結び大祭の参列の席があり、そこで開催10時まで待ちます。
雨霰で寒いので、神職のかたがカイロを渡したり(本当に重宝しました)
今回は、正式ならコートを脱いで御詣りなんですが
あまりに寒いので、そのままで結構ですとアナウンスが。。。

絵馬と渡された観た事無いような祝詞など、
私は儀式に参拝するんだと改めて思いました。
厳かで不思議。

寒いなか、宮司さんが20人?近く参道を歩いて入ってこられ
縁結び大祭が始まりました。
参拝は日本全国からこられてるのがわかりました。
関東の方がすっごい多くて、私の隣の方も東京からと。

大国主さまは、男女の縁だけでなく様々なご縁を
結ぶ神様と言われてます。(大黒さまとも言われてます。)

出雲にいくにあたり、因幡の白ウサギや一寸法師、八岐大蛇など
アマテラスさま、とスサノウさまのことについても
ちょっと本をかじらせていただきました(^o^)
歴史を解って行くと面白い!
日本の昔話がココに繋がってる、、、
感慨深いです(●^o^●)

参拝終了。粛々と神在祭の縁結び大祭が進み神聖な気持ちになりました。

直会券と引換えに、お守りを頂ける予定でしたが
後日送りますとの事。
お宝が展示してある所で国宝級の素晴しいものを観て
明日ゆっくり改めて参拝するので、出雲大社をあとにしました。つづく。







関連記事

テーマ: 神社仏閣 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 出雲大社  縁結び大祭  大国主  大黒様  スサノウ  一寸法師  因幡の白ウサギ  八岐大蛇 

カテゴリ:

△page top

プロフィール

リンク

ご覧頂いた人々

カレンダー

ランキング参加してます♪

メールフォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。